春に咲く紫花


私は花の色は白、赤、黄が中心だと思っていましたが、

意外と紫が多いですね。

それも紫色の花が好きな人が多いです。

今回は春に開花する紫色の花を調べてみました。

 

シモクレン

紫木蓮と書きますが、普通の木蓮です。

白木蓮の対比として、この名前が存在します。

これは前回書きましたので省略します。

 

ライラック

北国を代表する花木です。

紫の花が房状につき、香りも楽しめる木です。

フランス語の「リラ」の木とも呼ばれますが、

和名はムラサキハドシイ(紫丁香花)と難しいです。

主に、寒い地方で育ちます。

ニオイバンマツリ

ジャスミンのような良い香りがしますがジャスミンの仲間ではなく、

ナス科ブルンフェルシア属の常緑低木です。

こんなに綺麗でいい匂いの花ですが、木全体に毒があるため猫や犬が

間違って食べてしまわないように注意が必要です。

ジャカランダ

オーストラリア原産の世界三大花木の一つです。

透き通るような紫色の花が房状につき、羽状複葉の葉も美しい花です。

寒さには比較的強いですが0度を下回る地域では

寒さ対策や鉢植えにして室内で越冬などの対策が必要です。

これも前回書きましたので、省略します。

 

私は手間がかからず、バルコニー等の狭い所でもプランターで

育てられるハーブを沢山育てました。

最も人気のあるハーブを紹介します。

 

ラベンダー

開花時期5~7月と言われていますが、年中咲いている感じです。

ラベンダーには細かな品種がたくさんあり、イングリッシュ、

コモン、フレンチ、スパニッシュ等地域に関した名前がついています。

温暖な気候の地中海沿岸が原産です。

私には介護していた母がいましたが、介護サービスでは

看護師さんが入浴補助で家にやって来ました。

その時、いつもこの花を風呂の中に入れていました。

健康と癒し効果があると言われていたからです。

それを知った看護師さんを始め、看護の方もこの花を所望されました。

そこで皆さんに持って帰ってもらいましたが足りなくなり、

この花を増やしました。

 

ローズマリー

開花時期2~11月ですが、年中咲いています。

専門書では水やりは少ない方がいいと書かれていますが、私は嘘だと思います。

花が少なくなった時、水をたっぷり与えると直ぐ花が復活します。

ローズマリーは肉料理などによく使われるハーブで、

殺菌作用や沈静作用などもあるとされているため

バスソルトやアロマオイルなどでも人気のハーブです。

私はこれも風呂に入れています。

 

タイム

開花時期4~6月、9月です。

シソ科のハーブで、花は薄紫で小さいですが群生します。

手で触れるとその香りが手にすぐ移るほど強い芳香があります。

すっきりとした中にも甘さのある香りは、肉・魚などの料理から

ブーケガルニなどのスープに使うハーブや、

パン屋お菓子などにも使うことがあります。

 

これらの情報は次のサイトを参考にしました。

https://lovegreen.net/flower/p80644/

 

もっと一杯見たい場合には次のサイトがいいです。

http://kamakura.travel.coocan.jp/purple.html

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です