ツツジの種類と名前



ツツジはツツジ科、ツツジ属の植物です。

但し、ドウダンツツジはツツジ属に属しませんが、ツツジと呼ばれています。

 

主にアジアに広く分布し、ネパールでは国花となっています。

ツツジやサツキ、シャクナゲは全てツツジ属です。

ツツジは交配、品種改良も進み、実に多くの種類があります。

 

最も知られているのは3種類で、久留米ツツジ、平戸ツツジ、

サツキツツジについて説明します。

 

 

久留米ツツジ

 

 

 

平戸ツツジ(ツツジ)

 

 

 

 

サツキツツジ(サツキ)

 

 

 

久留米ツツジ

開花時期は4/上~5/上で、ツツジの中では開花時期が早いです。

花は小さく、沢山の花がまとまって咲きます。

ヤマツツジ、サタツツジ、キリシマツツジの交配種と言われていますが、

区別がしにくいです。

 

平戸ツツジ

道路沿いや家庭の庭等で栽培されている最も一般的なツツジで、

単にツツジと言えばこの花をさしています。

ツツジの中では花が最も大きく、ピンク、白、赤紫等の色が一般的です。

開花時期は4/中~5/中で、枝は脆く、折り曲げると簡単に折れます。

 

オオムラサキツツジ

平戸ツツジの変種で、平戸ツツジとは区分がつきにくいです。

花の時期は平戸ツツジよりやや早く、4/下~5/上です。

 

サツキツツジ(サツキ)

平戸ツツジと並び最も一般的なツツジです。

平戸ツツジより開花時期が遅く、開花時期は5/中~6/中です。

それと花も小さいので区分ができます。

赤紫の花が最もポピュラーですが、園芸・盆栽用として品種改良され、

色々な色、形の花があります。

平戸ツツジと異なり、枝は柔軟性があり、

かなり大胆に曲げることができますので、盆栽用として広く利用されています。

 

ツツジの名所が多くありますので、出かけてみたら如何でしょうか。

次は東京都内の名所です。

 

・根津神社 ・塩船観音寺 ・六義園 ・平成つつじ公園

・新宿御苑 ・西沢つつじ園 ・皇居東御苑 ・神代植物公園

・小石川植物園 ・旧古河庭園

 

次のサイトは動画もあり参考になります。

http://kininarurabbit.jp/587.html


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です