ツツジ 育て方 剪定



前回はツツジの種類と名前を書きましたので、

今回は育て方と剪定です。

私の住んでいる所は大きい団地ですから、ツツジも沢山ありますが、

管理を業者に委託しています。

それ故、自分は只鑑賞しているだけです。

業者の仕事ぶりを理事として監視している立場です。

 

栽培環境・日当たり・置き場

最低午前中は日が当たる、水はけのよい場所が適しています。

日陰では花つきが悪くなります。

鉢植えは、通年屋外で管理します。

夏は半日陰に、そのほかの時期は日当たりのよい場所に置きます。

冬は、乾燥した寒風に当たらない場所へ移動させてください。

 

水やり

根が細く、地表近くに張るため表土の極端な乾燥に弱い性質です。

鉢植え、庭植えともに夏の高温期には乾かさないように注意し、

朝または夕方に水やりをします。

ほかの季節は乾いたら与えましょう。

 

肥料

鉢植え、庭植えともに、花後の5月から6月と、株の充実する9月下旬、

休眠期の1月に、緩効性化成肥料や固形の油かすを施します。

 

病気と害虫

病気:大きな被害を及ぼす病気はほとんどありません。

害虫:ハダニ、ツツジグンバイムシ、ベニモンアオリンガ、ハマキムシ

春や秋の乾燥する季節にハダニやツツジグンバイムシが発生します。

最も大きな被害を及ぼすのはベニモンアオリンガで、

新芽や蕾の内部に侵入して食害します。

 

用土(鉢植え)

赤玉土小粒4、鹿沼土小粒3、酸度未調整のピートモス2、

バーミキュライト1の配合土など、水はけと水もちのよい、

酸性土壌が適しています。

 

植えつけ、 植え替え

適期は、開花期を除く3月から6月上旬、または9月下旬から10月です。

庭植えは、根鉢の倍以上の大きさの植え穴を掘り、

腐葉土やピートモスを混ぜて、深植えにならないように植えつけます。

鉢植えは、2年に1回を目安に植え替えましょう。

 

ふやし方

さし木:6月から7月に、さし木でふやします。

充実して堅くなった枝を10cmほどに切り、鹿沼土小粒や市販の

さし木用土などに、葉が触れる程度の間隔でさします。

風の当たらない日陰で乾かさないように管理すれば、秋には発根します。

 

剪定

剪定はツツジとサツキでは時期がずれていますので注意が必要です。

花後のなるべく早い時期に行います。

翌年の花芽が夏にできるので、夏以降の剪定は、

せっかくできた花芽を切ることになります。

枝先から3cm程度に軽く刈り込み、枯れた枝や

重なった枝を基部から切り、風通しをよくします。

 

以上は私も知識が余り無いのでいつも参考にしているサイトを引用しました。

https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-170/target_tab-2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です